Blenderの基本のキ(超絶初級基本操作編)【2.81】

\シェアしていただけると嬉しいです/

オープンソース(無料)の3DCGソフト「Blender(ブレンダー)」の超初級の基本操作をご紹介します。

Blenderのバージョンは、2.81です。

Blender(ブレンダー)の日本語化&初期設定は前回の記事↓をご覧ください。

Grease Pencil(グリースペンシル)という機能を使いたくてインストールしました。

Blender(ブレンダー)の基本操作

※ Blenderの使い方ですが、弊サイトよりも下記のサイトの方が超絶圧倒的に役に立ちます。ちゃんと学びたい方は下記サイトをどうぞ。

自分がご案内するのは、Grease Pencil(グリースペンシル)という機能を使う前に、サクッとBlender自体の使い方を解説しておこうという程度のものです。では、どうぞ。

モード選択

Blenderには、沢山のモードがあります。目的によって切り替えます。

モードによって、ツールメニューが変化します。

「オブジェクトモード」と「編集モード」は似たツールが表示されますが、目的が違います。

  • 「オブジェクトモード」は、複数のオブジェクトを移動したりするのに便利。
  • 「編集モード」は、個別に編集するモードです。

    「編集モード」のツールは持ち替えずに、ショートカットで操作した方が便利です。

  • 「ドローモード」は、グリースペンシルでお絵描きできるモードです。

モードの切替

Ctrl + tab」で、モードの切替ができます。(Macも「control + tab」でできます。command+tabだとMacのショートカットが優先されるので。)

tab」だけでも「オブジェクトモード」と「編集モード」の切り替えができます。

手のひらツール的なアレ

クリスタの手のひらツール(スペース+ドラッグ)的なアレは、

  1. 「shift」 +「 ホイールボタン(中央)」でドラッグ

3Dの視点をぐりぐりするアレ

  1. 「ホイールボタン(中央)」でドラッグ

視点の切り替え

  1. 「テンキー」で切り替えできます。

テンキーで機械的に切り替えできます。

  • 0:カメラ視点
  • 1:正面
  • 3:右正面
  • 5:透視投影・平行投影の切り替え
  • 7:真上
  • 9:反転(上から見ていた場合は、下面へ移動)

他の数字にも各方向へ15度回転する機能があります。詳しくは、下記のページをご覧ください。

3Dビューのシェーディング

画面右側の上部にある↑上記のようなボタンで、3Dビューのシェーディングを変更できます。

詳しくは、下記のサイトをご覧ください。

選択モード

「編集モード」でのオブジェクトの選択方法を選べます。

ポイントを編集したい場合は、ポイントのみ選択へ切り替えてください。

感想

はい、これでOKです。あなたも私と同じくらい使えるようになりました。(浅い)

次回は、Grease Pencil(グリースペンシル)の簡単な使い方などをご紹介します。

パノラマペイントの記事でも少しご紹介してましたが、結構面白い機能です。まだまだ使いにくいですが、将来的には結構ヤバいことになりそうです。ではまた。

\シェアしていただけると嬉しいです/

フォローしていただけるとチェックが簡単です↓