イラレの便利なアピアランスまとめ【Illustrator】旧Ver.でもOK!

\シェアしていただけると嬉しいです/

普段使いに便利そうな、Illustratorのアピアランスをまとめてみました。

グラフィックスタイルに登録しておけば、すぐに適用できて便利です。クリスタ関係なくてすみません。

※自分は古いバージョン(CS5)の化石級Illustratorを利用しています。32bit。。。説明のUIが古いですがご了承ください。

アピアランスの基本

アピアランスは修正に強いから、見出しなど、統一感を出しながら定期的に更新をする場合などに便利ですね。

基本操作

アピアランスの基本的な使い方は、下記のサイトで分かりやすく紹介されています。

アピアランスまとめ

具体例と使い方をいくつかご紹介します。

詳細な方法は、各参考欄にある情報元さんをご覧ください。

版ずれ

版ずれのようなアピアランスです。色々応用できそうです。

方法

見本では、線の座標を左上へずらしています。

  1. 線と塗りを設定>
  2. アピアランスのfxボタン(以下、fx)>パスの変形>変形>移動
参考

光沢・ハイライト


文字にハイライトを入れて光沢感を出すアピアランスです。


アピアランスの「ガウスぼかし」や「ドロップシャドウ」を追加してもいいかもです。

方法

  1. ハイライト用の線を追加>
  2. fx>パス>パスのオフセットで−の値を設定>
  3. fx>パスの変形>変形>移動>1コピー>
  4. fx>パスファインダー>背面オブジェクトで型抜き(順番は変形の下に配置)

あとは、線の先端と角を、角丸にしました。

参考

凄すぎ。もっと複雑なものも紹介されていますので、挑戦してみてはいかがでしょうか?

立体感

3Dっぽいアピアランスです。

方法

長いので端折りますm(_ _)m。不明な点は参考サイトさんをご覧ください。

設定はこんな感じ。

  1. 準備として、斜めに伸びてるブラシを作成(立体感用)
  2. ブラシ>新規ブラシ>カリグラフィブラシ>

    角度をつけて、太めの線に設定。
  3. 線と塗を設定したテキストを用意>

  4. 立体感を出す部分ために線を追加>自作のカリグラフィブラシを設定>fx>変形で位置調整>

  5. 全体を縁取るための線を追加>先程の自作ブラシを設定>
  6. fx>オフセットで+の値を設定>fx>変形で位置調整>
  7. 今回は青い部分(外側)をオフセットで大きくしたけれど、白い部分(内側)をオフセットで小さくした方がいいと思います。

自分は更に、線色にドットのパターンを設定したものを追加しています。ドットの色は再配色で変更しています。

参考

吹き出し

↑グループ化したパスにアピアランスを適用しています。パスファインダーで合体させているわけではありません。(Altを押しながら合体する方法も修正に強く便利ですが、この方法も便利です。)

方法

  1. 「プロファイル:▶」の線を作成(塗りは無し)
     
  2. 円と重ねグループ化>
  3. グループ化したオブジェクトに塗りと線を設定
参考

寸法線

同じ線幅の線を2つ追加し、異なる設定を追加しています。

これはアピアランスとほぼ関係ないです。もっと早く知りたかった。。。版下の作成などに便利そう。

方法

  1. アピアランスで線を2つ追加>
  2. 線の1つに矢印「←→」の設定>
  3. もう1つの線には矢印「||」の設定>先端位置を変更
参考
寸法線のつくりかた|Illustratorチュートリアル【本日のイラレ】

その他

アピアランスでこんなリアルなクッキーが!有料の記事ですが、気になる方は覗いてみてはいかがでしょうか。

別のファイルで呼び出す

作成したアピアランスをグラフィックスタイルに登録しておけば、別のファイルで呼び出して適用できます。

もっといい方法もあるかもですが、自分はこの方法で呼び出しています。

  1. グラフィックスタイルにアピアランスをドロップ>
  2. グラフィックスタイルライブラリを保存>
  3. 呼び出す場合:ユーザー定義から保存したスタイルを呼び出す

参考)Illustratorでグラフィックスタイルを保存して、別の書類でも使用したい | Too クリエイターズFAQ | 株式会社Too

感想

どれも実用的で自分には思いつかないものばかりでした。プロは偉大ですな。頭良すぎて脱帽です。

この記事に関係ないけど覚え書き

\シェアしていただけると嬉しいです/

フォローしていただけるとチェックが簡単です↓