まるで魔法!お絵描きアプリ「Procreate」がヤバい!

\シェアしていただけると嬉しいです/

iPad用お絵かきアプリ「Procreate(プロクリエイト)」をご紹介します。

↓歪んだ線を補正してくれる機能(QuickShape)などがある、とても便利なお絵描きアプリです。

※この記事は、自分の備忘録としても記載しているので、項目が多いです。

手っ取り早くどんなアプリか知りたい方は、「参考動画」の項目の動画をご覧ください。この記事を読まなくても理解できます。

Procreate(プロクリエイト)

無駄なウィンドウが無く、洗練されたインターフェースで、キャンバスが大きく感じます。

iPad用お絵かきアプリ「Procreate」は、1,200円(投稿時点)の有料アプリです。(iPhone版は「Procreate Pocket」があります。)

昔はもう少し安かったらしいですし、高いと感じるかもしれませんが、このアプリの魅力を知った後は、驚きの安さだと感じるはずです。

<ダウンロードページ>

↓それでは、「Procreate」の機能をご紹介します。

QuickShape

Procreateの便利な機能の一つです。

歪んだ線を綺麗に補正してくれます。

線を引いた後に、離さず「長押し」するだけです。

そのまま「ドラッグ」すれば、「拡大・縮小・回転」も可能です。

↓こんな感じです。

ペンを離すと上部に「シェイプを編集」ボタンが表示されます。

「シェイプを編集」で候補の図形に変換できます。

塗りつぶし

塗りつぶしは色をドラッグ&ドロップするだけです。

ドロップ後、離さず「左右にスワイプ」で「しきい値」を変更することも可能です。

↑スワイプでしきい値が変更され、楕円の隙間の判定を調整しています。

いちいち設定のウィンドウを開いたりしなくていいのが便利です。

ジェスチャー

ジェスチャーも便利です。基本的なジェスチャーだけご紹介します。

アンドゥ・リドゥがタップだけでできるので便利です。

アンドゥ:2本指でタップ

アンドゥ

リドゥ:3本指でタップ

リドゥ

コピー・ペースト メニュー表示:3本指で下にスワイプ

コピー・ペースト メニュー表示

レイヤー内を削除:3本指で左右に往復

レイヤー内を削除

少しコツが必要で、水平に往復する必要があります。

ピンチ

ピンチでキャンバスの操作ができます。

  • ピンチイン:縮小
  • ピンチアウト:拡大
  • ピンチし回転:回転
  • すばやくピンチイン:キャンバスを画面にフィット

その他のジェスチャー

他にも便利なジェスチャーが沢山あります。

下記のページで沢山のジェスチャーが紹介されています。

ぜひ一度ご確認ください。

ワークスペース紹介

ワークスペースはこんな感じです。↓

↑左端の中心にある□ボタンは、デフォルトではスポイトツールに設定されています。

上記の項目の一部を簡単に説明していきます。↓

アクション

ファイルを挿入、コピペ、環境設定、ヘルプなどがあります。

テキストもここで追加できます。

テキスト入力中に、画面の余白をタップすると、「縦書き・横書き」の切り替えが可能です。

フォントの変更、フォントの追加、カーニングやトラッキングの設定も可能です。

調整

ぼかし、シャープ、色相・彩度・明るさなどがあります。

変形

ワープや反転などの変形が可能です。

ブラシ

沢山のブラシがプリインストールされています。

ちなみに鉛筆系のブラシは、ペンを寝かせて描くと、本当の鉛筆のような太く柔らかい線を描くことができます。

手ぶれ補正

「手ぶれ補正」も設定可能です。設定したいブラシをタップし「ストリームライン」の値を調整するだけです。


↑他にも色々カスタマイズ可能です。

ブラシを追加することも可能です。

下記のサイトでブラシが公開されています。他にも色々検索してみてください。

レイヤー

レイヤー機能もあります。ドラッグ&ドロップで「グループ化」も可能です。

レイヤーをタップすると、メニューが表示されます。

のような機能です。

レイヤーをスワイプすると、ロックや複製、削除の選択ができます。

フォント

フォントの追加方法

フォントを追加することも可能です。

  1. iOSのファイルアプリをSlide Over(アプリを画面の左右いずれかの端にドラッグ)で表示>
  2. 追加したいフォントをキャンバスへ「ドラッグ&ドロップ」か「タップ」するだけです。
  3. 下記のチェックマークが表示されたら、読み込み完了です。
  • 「テキスト>フォントを読み込む」からも追加可能です。

読み込んだフォントを削除

  1. iOSのファイルアプリ>Procreate>Fonts(インポートしたすべてのフォントのリストが表示されます。)>削除したいフォント削除

ちなみに、2度同じフォントを読み込んでしまった場合は、一時的に同じフォントが2つ表示されますが、Procreateを再起動すると1つになりますので、消さなくても大丈夫です。

フリーフォント

下記のページで無料フォントが沢山紹介されています。

iTunesでiPadにファイルを移動

iTunesを使って、iPadへフォントやブラシなどをコピーする方法です。

  1. iPadをケーブルで接続>iTunes>iPadのアイコン>
  2. ファイル共有>Procreate>ファイルをドラッグ&ドロップ

エクスポート(書き出し)

Procreate、PSD、TIFF、JPEG、PNG、PDFなど、様々なファイル形式で書き出すことが可能です。

PSD形式もあるので、クリスタで読み込んで作業することも可能です。

  1. ギャラリー>選択>共有>フォーマットを選択するだけです。
  2. 保存先は、本体やAirDrop、その他のアプリ(Google Driveなど)が選べます。

PSD形式で書き出したファイルを、クリスタで読み込むと、きちんとレイヤーも維持されていました。↓

参考動画

備忘録的に色々と解説しましたが、下記の動画をぜひ一度ご覧ください。

説明しきれていない部分などが一通り理解できます。おすすめです。

一通りの使い方

メイキング動画が「解説付き」で公開されています。これでざっくりとした使い方を理解できます。

初期設定

ジェスチャーの設定など、はじめに設定すべきことが紹介されています。

「アクション>環境設定>ジェスチャーコントロール>QuickMenu」の設定は必須級。QuickMenuの項目は、変更したい項目を長押しで変更可能。

その他

使い方の詳細は、公式サイトや公式のユーザーガイド(英語)をご覧ください。

Procreateアプリ内のヘルプからも、解説動画を見ることができます。英語ですが、映像なのでやってることは何となく分かります。

ヘルプ:アクション>ヘルプ

参考サイト

下記のページを参考にさせていただきました。

とても分かりやすく紹介されています。ぜひ一度ご覧ください。

感想

PSDでの書き出し、ブラシ・フォントの読み込みなど、この価格でこの汎用性、使いやすさは圧巻です。

タブレット専用のUIなので、無駄なウィンドウが開かず、タップやドラッグ&ドロップで操作が完結できる点にもとても感動しました。

また、別のアプリですが、Photoshopに似たことができる「‎Artstudio Pro」や、Illustratorに似たことができる「‎Affinity Designer」「‎Graphic for iPad」などもあるらしいので、いつか試してみようと思います。

\シェアしていただけると嬉しいです/

フォローしていただけるとチェックが簡単です↓