クリスタで簡単に線をアナログ風にする方法

クリップスタジオペイントで「簡単に線をアナログ風にする方法」をご紹介します。

上記のように、アナログで描いた風に簡単にカスタマイズすることができます。

線を後からアナログ風にする方法

クリップスタジオペイントで「線を後からアナログ風にする方法」をご紹介します。

1つ目の方法は、線画レイヤーの上に、パーリンノイズのレイヤーを「オーバーレイ」で重ねる方法です。

パーリンノイズは、ランダムっぽいノイズを作り出すことができる機能で、フォトショップのフィルター>雲模様と同じような機能です。

パーリンノイズ

パーリンノイズの見本

手順

  1. 線画の「上」に新規レイヤーを作成し「オーバーレイ」へ>
    線をアナログ風にする方法
  2. フィルター>描画>パーリンノイズ>
    線をアナログ風にする方法
  3. スケールなどを調整し完成

    プレビューで確認しながら、スケールなどを調整してください。細かめがいいような気もします。

線画は、真っ黒より、黒に近いグレーの方がそれっぽく見えるかもしれません。色々試してみてください。

線画にグレーのレイヤーを重ねてクリッピングするか、レイヤーカラーを変更するなどで簡単に変更可能です。


※上記とは別で、有料の雲模様プラグインもございます。↓

加筆プラグイン(ラスターレイヤー)

無料の「加筆プラグイン」を利用すれば、パーリンノイズを加えたり、線幅修正したりしてアナログ風に加工することができます。

ただし、先程の方法と違い、線画を直接編集するので、元の線画レイヤーをコピーするなどしてバックアップした方がいいと思います。

※加筆プラグインを適用できるのは「カラーのラスターレイヤー」のみです。
カラー

手順

  1. フィルター>ぼかし(G)>加筆
    加筆プラグイン
  2. パーリンノイズを加えたり、線幅を太くしたり、細くしたりできます。
    加筆プラグイン
    ※パーリンノイズを適用するには、「[線]パーリンノイズを使って強弱をつける」にチェックをつけてください。

「加筆プラグイン」は、下記からダウンロードできます。無料です。

ブラシ形状を変更する(ベクターレイヤー)

ベクターレイヤーの場合は、描画後にブラシの形状を変更することができます。

ここで、ザラザラしたブラシへ変更すれば、アナログ風の完成です。

手順

  1. 対象のベクターレイヤーを選択>オブジェクト>
  2. ツールプロパティ>ブラシ形状

    ※↑ブラシサイズで線の太さも変更可能です。色も変更可能です。
  3. お好みのブラシを選択>
  4. ブラシ形状が変更されました。

この方法も、直接ファイルを変更するタイプなので、バックアップをした方がいいかもしれません。

ブラシ形状の追加方法

適用したいブラシ形状が存在しない場合は、下記の方法で追加してください。

  1. 追加するブラシを選択>右下のサブツール詳細のアイコンをクリック>
  2. ブラシ形状>プリセットに登録

これでブラシ形状で選択できるようになりました。希望のブラシがない場合は、「CLIP STUDIO ASSETS(旧:素材をさがす)」などで探してみてください。

応用

3D素材を、ベクターレイヤーの線画に変換&ブラシ形状を変更すれば、アナログ風の線画が簡単に手に入ります。

下記ツイートを参考にさせていただきました。

アナログ風ブラシで描く方法

アナログ風ペン

他にも、初めから「アナログ風ブラシで描く方法」もあります。

ダウンロードしたブラシを利用する

CLIP STUDIO ASSETS(旧:素材をさがす)」では、アナログ風ブラシが沢山公開されています。有難く利用させていただきましょう。

下記からダウンロード可能です。「Gペン」や「アナログ」などと検索してみてください。無料のブラシも沢山あります。

使い方が不明な場合は下記をご覧ください。

既存のブラシをカスタマイズ

既存のブラシをアナログ風にカスタマイズすることができます。

コピーを作成するなどして、以下の設定をしてみてください。アナログ風のペンに早変わりです。

  1. ブラシサイズの右にある設定ボタン>
  2. ランダムにチェック>ランダムの数値をお好みで設定>
  3. これで完成です。下記のように、ザラザラした線が引けるようになりました。

カスタムブラシも簡単に作成可能

カスタムブラシも簡単に作成できるので、ぜひ試してみてください。

「ブラシ作成方法」の記事を公開しました。よろしければご覧ください。

参考

下記のツイートを参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

感想

アナログ風の表現は、漫画の中の1コマだけを手書き風にして空気を変えるなど、色々使い道がありそうですね。

線幅修正についてまとめました。下記も合わせてご覧ください。

\シェアしていただけると嬉しいです/

フォローしていただけるとチェックが簡単です↓