Zen Brush 2(ゼンブラシ2)を使ってみた【アプリ】

\シェアしていただけると嬉しいです/

Zen Brush 2は、「和筆」だけに特化したドローアプリです。

ブラシの変更すらできません。濃度やかすれ具合は、変更できます。

しかし、筆に特化しているだけあって、かすれ具合やにじみなどが書道に近くて面白いです。

Zen Brush 2の使い方

¥370(投稿時点)の有料アプリです。iOS/iPadOSとWindows10で公開されています。

Apple Pencilは、iPad Proじゃないと性能を発揮できないみたいです。その他の対応ペンは公式サイトをご確認ください。(自分は気にせず初代のApple Pencilで使ってます。)

Zen Brush 2 for iPad / iPhone / iPod touch - Official Trailer

キャンバス

ボタンはこれだけです。

インク色は、「黒」か「赤」のみ。(選んだテンプレートによっては別の色になります)

あとは、「濃度」と「かすれ具合?水の量?」を変更するくらいです。

ブラシの設定

  • ドライ
  • スタンダード
  • ウェット

の3種類です。

「濃度」も3段階です。

テンプレート

「テンプレート」から背景を変更できます。

選んだテンプレートによって、自動で筆の色が変化します。

ファイル

「メニューボタン>ファイル」から、「保存」したり、別のアプリ用に「透過PNG」形式で書き出したりできます。

保存したファイルは、「メニュー>ファイル>読み込み」から確認できます。

「メニュー>ファイル>他のアプリで開く」から、透過PNGやJPEGでも書き出し可能。

透過PNGはうれしいです。濃度も反映されてます。↓

ガイド

「メニューボタン>ガイド」から、ガイドを表示することができます。

タッチ・スタイラス

スタイラスペンの設定変更が少だけできます。

※Apple Pencilでの設定は、iPad Pro専用らしいです。

「メニューボタン>タッチ・スタイラス」から、

  • 傾きの感度
  • 筆圧の感度

の設定ができます。

もっと詳しく

下記の動画やページでもっと詳しく紹介されています。是非ご覧ください。

iPad Pro 筆アプリ「 Zen Brush 2 」で和デザイン!!

感想

自分は、Apple Pencil初代を利用してますが、普通に楽しいです。

払いが難しいですです。

払いは、遅れてニュ〜っと伸びるので、円を描くのが難しいです。上手い方は描けるかもですが、自分は描ける気がしません。。。

結論としては、楽しくて時間を忘れてずっと描いてました。値段も安いですし、よくできているので個人的にとても満足しています。おすすめです。

\シェアしていただけると嬉しいです/

フォローしていただけるとチェックが簡単です↓