どのレイヤーにあるのか分からないゴミや汚れを簡単に除去する方法

\シェアしていただけると嬉しいです/

ゴミを簡単に削除

クリップスタジオペイントのTipsをご紹介します。

レイヤーが沢山ある状態で、上記のようなゴミや汚れ(赤枠で囲った部分)を削除したい場合に、簡単に削除する方法をご紹介します。

まず消そうにも、ゴミのあるレイヤーを選択しなければ、削除できません。しかし、いちいちどのレイヤーか1つずつ確認していては時間が勿体ないです。そしてこの方法を利用すれば、そんな手間は必要ありません。

ゴミや汚れを簡単に除去する方法

クリップスタジオペイントで「どのレイヤーにあるのか分からないゴミや汚れを簡単に除去する方法する方法」をご紹介します。

方法

通常は、「レイヤー選択ツール」を利用してゴミをクリックorドラッグすれば、ゴミがあるレイヤーを選択することができます。後は消しゴムや切り取りなどで削除するだけです。
レイヤー選択

しかし、そんな面倒なことをしなくても下記の方法で簡単にそのレイヤーを選択することができます。

  • Ctrl+Shift+クリック
  • Ctrl+Shift+ドラッグ

ゴミを簡単に削除

上記の画像のように、「Ctrl+Shift+クリック」するだけで「ゴミがあるレイヤー」を自動的に選択してくれているのが分かります。

※上記の画像では見えやすくするためにドラッグしていますが、本来はクリックするだけでOKです。

後は消しゴムや切り取りなどで削除して完了です。

ゴミ取りツール

別件ですが、スキャナーで画像を取り込んだ際の「ゴミ取り」については、下記のサイトで詳しくご紹介されています。

レイヤーを無視して消す

消しゴムツールを利用して、レイヤーを無視して消すことも可能です。

下記の記事の「レイヤーを無視して消す」の項目でご紹介しています。

参考

下記のツイートを参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

感想

まだまだ知らないことばかりです。先生方のありがたいTipsで気になるものがあれば、記録用として掲載していきます。

\シェアしていただけると嬉しいです/

フォローしていただけるとチェックが簡単です↓