消しゴムの便利な使い方など

消しゴム

クリップスタジオペイントの「消しゴムの便利な使い方」などをご紹介します。

透明色で消す方法

「ペン」や「筆」などあらゆるツールの「透明色」で塗ると、消しゴムのように利用できます。

ペン、筆、エアブラシ、塗りつぶし、何でもOKです。

透明色

ショートカットキーとして「C」を押すと「透明色(クリア)」を選択できます。

もう一度「C」を押すと以前選択していた色へ切り替えできます。

ちなみに、「X」を押すとサブカラーと切り替えが可能です。

「C」で切り替えて透明色で消せば、消しゴムに持ち替える必要がなく、好きなブラシで消すことができて便利です。

ただ、「X」と「C」を押し間違えていたことに気付かず、消していたつもりが、サブカラーの「白」で塗っていただけだった、ということがたまにあります。背景白での線画描画時には気づきにくいので、その点だけ注意しましょう。

その場合は、「編集>輝度を透明度に変換」で全ての白い部分を透明色に変換して対応できるかもしれません。

消しゴムで消す方法

消しゴム

消しゴムツールでも消すことができます。

ショートカットキーとして「E」を押すと消しゴムを選択できます。

ショートカット設定と組み合わせると便利

ショートカットを追加すると便利になります。

消しゴムのブラシ自体にも同じショートカット「E」を設定すれば、「E」を押す度に色々な消しゴムに切り替えることが可能になります。よく使う消しゴムにもショートカットを設定しておくと便利です。ショートカット設定

ショートカットの設定方法

消しゴム以外のツールなどの場合も同様で、同じショートカットキーを設定すれば、そのキーを押す度に切り替えることが可能になります。

下記がショートカットの設定方法です。

  1. ファイル>ショートカット設定>
    消しゴム
  2. ツール>
    消しゴム

レイヤーマスク

レイヤーマスクの使い方も覚えておきましょう。

「レイヤーマスク」は、消しゴムとは違い、部分的に非表示にする機能です。修正に強いので必須の機能です。

下記の記事でご紹介しています。

参考

下記のツイートを参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

ラフと線画を同じレイヤーに描いてしまった時の対処法を下記動画でご紹介されています。勉強になります。

感想

透明色で塗るっていう概念にスゴく感動しました。同じショートカット追加も便利。

\シェアしていただけると嬉しいです/

フォローしていただけるとチェックが簡単です↓